有無 [um]

北駒生 (キタコマオ)のblogです 漫画についてのお知らせやメモなど

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

comment: --

あさめしまえ3巻が12/12に発売されます  


20141211112940e8d.jpg

12月12日(金)に、「あさめしまえ」単行本3巻が発売されます。

人と人との間に、波紋のようにひろがっていく朝ごはんを描いてきました。
回を重ねるごとに、主人公の元も変わってゆくのを実感しています。
出した答えをもう一度ふりかえって考える自分の性分や、割り切れないことや、すがすがしく薄情な人や、いろんなものがにじみ出た3冊目です。
楽しんでいただけたら幸いです。よろしくお願いします!

いつもお読みくださっている読者様、今回はじめて手にとってくださった方、どなた様にもあつくお礼申し上げます。
そして料理家の中川先生や担当様、デザイナー様、取材ご協力いただいたお店の皆様、友人知人の皆さん、携わってくださったすべての方に感謝をこめて。ありがとうございました!

201412p.jpg

★3巻ご購入特典として、以下のお店にてレシピつきペーパーを封入しています。

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店さま
ブックファースト新宿店さま
book express エキュート上野店さま
三省堂書店さま
紀伊国屋新宿本店さま
芳林堂書店さま
その他ご協力書店さま

お店ごとに異なるキャラクターを描きました。
また上記の一部のお店では、スケッチっぽいカラー原画やホワイトボードなども展示していただく予定です。
お伺いした書店の皆様お世話になりました!嬉しいお言葉もかけていただき感激しました。

BE-LOVE本誌での連載は、来年2月1日発売の4号より連載再開します。こちらもよろしくお願いします。

category: おしらせ

コメント

「あさめしまえ」の大切さ

北先生こんにちは。寒さと乾燥で指がパキパキ割れ出すこの時期。
きっと先生は毎日お忙しくされていることと思います。どうぞ温かい食べ物を食べて風邪などひかぬようお気をつけください。

3巻を楽しみにしていたので発売されてすぐに読みました。今回は思わず悔しくて泣きました。自分の事を反省するきっかけを下さいました。
父が亡くなって半年。わさわさと忙しい中でもなんとかご飯だけは…お弁当だけは…とこなしてきたつもりでした。
ですがこの12月に主人が入院をしてしまい看病の中、仕事と家事と育児となんだかめまぐるしく過ぎて気がつくと食事はお惣菜を買ってくる。子どものお弁当はいつも同じ。買い出しも宅配でまかなう。そんな毎日でした。
忙しいからしょうがない。子ども達もわかってくれると勝手な思い込みでいました。
そんな時に私が駅の階段から落ちてしまい足の靭帯を痛めて歩けなくなりました。
そして急ぐ事ができなくなり私は諦めてゆっくりご飯を作って食べました。(…美味しいなぁ)黒海苔と卵かけとお味噌汁だけのご飯でした。でも本当に美味しくて。
あぁ…元くんが体調崩してやっと自分の味を思い出した時みたいだなぁ…とすごく心に染みました。
自分のやってることが間違いだった。毎日ごはんがいい加減だったのに子どもたちは冷たいものをババっと出されて文句も言わないで食べてた。その事にすごく後悔して泣きました。
そんな私への罰でしょうか。なんと子ども達3人ともインフルエンザA型にかかり今お休みをしております(泣)
主人に話したら「それは仕方ないけど家族が元気じゃないと俺も頑張れないなぁ」と。
末期癌でずっと闘病していますが今回の入院でもすごく痩せてしまいました。
退院したら体に優しいそしてみんなで笑って食べられる温かい物をたくさん作って食べさせてあげたいと思います。

毎回ぎゅっと心に染みるお話と食べさせてあげたくなるレシピを心の支えにしています。本当にあさめしまえが大好きです。いつもありがとうございます。

4巻もその先もずっとずっと楽しみにしております。北先生もお身体お大事になさってください!
長文大変失礼致しました。Uねえ

URL | Uねえ #p8zNVHvg
 | edit

今回も素敵なご感想ありがとうございました!
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

ご主人様が入院されたということで、心配しております…
お父様のこともあり、昨年はお心が痛むときが多かったと思います。
足の靭帯はもう無事治られたでしょうか?

そんな大変な日々の中、毎日お仕事と家事と育児を
きちんとなさっていることが、なにより立派だと思います。
食卓がいつもとは違っても、お子さんたちがインフルエンザになっても、
どうかご自分を責めないでください。
Uねえさんが積み重ねてきた日々は、否定するものではなく、
誇るべきものだと私は思います。

そしてお子さんたちは、お料理そのものよりも
お母さんが食事中にそばにいて話を聞いてくれるだけで、
じゅうぶん嬉しかったりするんじゃないかな…と思います。
立派なお料理の味より、家族で食べた素朴なごはんのほうが
ふしぎと思い出深かったりしますよね。
親御さんの笑顔や、食卓の会話こそが、
あたたかい思い出になっているからだと思います。

「あさめしまえ」の2巻からは、短時間で作れるレシピも
ご用意してますので、少しでも余裕があれば参考になさってくださいね。
もしくは「梅しょうばん茶」というあたたかいお茶で、リラックスしてください。
ごはん漫画というジャンルの演出上、「あたたかい手づくりの料理」を
描くことが多いのですが、お取り寄せのものやお惣菜も、
助け舟として気軽に使って当然だと思っています。

第三者の立場で、勝手なことを書きつらねてしまってすみません。
大変な状況のなか、コメントありがとうございました。
何度も読んでくださるだけでありがたいのに、
ご自身の思いを丁寧に伝えていただき、いつも心より感謝しています。
これからも、日常に寄り添ったり、ほっと一息つけるような話を
お届けしたいです。
またお気軽にお話してくださいね。

Uねえさんとご家族のご健康と、
ご主人様のご回復を心よりお祈りしております。
みなさんで楽しい食卓を囲まれる日が早く来ますように。

URL | きたこま #nHhc2VFk
 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。