有無 [um]

北駒生 (キタコマオ)のblogです 漫画についてのお知らせやメモなど

  

2016ymy.jpg

もくもくと仕事をしていたら時節は夏!まっさかり!!
ごぶさたしています。

8月9月と、いくつかおしらせがあります。
8月11日にこちらで期間限定の読切のご案内をします。
一週間限定とかなり短いので早めに言っちゃう。




最近は目のけわしい若者や、よれた線で作られる中年や、久々の面々を描いていました。

ここ1~2年で衰えていたある部分が、いかつい題材にむかう日々をへて、すこしだけ戻ってきたように思っている。
先日の取材では、研鑽の果てにある感覚を掴まれたお話があまりに興味ぶかくて、目ん玉がゴトゴト落ちました。
視点を上昇させて見えたことと脱力して放つこと。 
ウォーンおもしろい…山岸凉子先生の表現でイメージしたのだけど描くのは自分なんだった…


そういえば春ごろには、旧知の方々が日ごとにこちらにやってくるという炎の五日間があった。友人の皆さんと落語や宝塚やライブに行ったり、各青年誌の先輩方とも初めてお会いして、連日メラメラと楽しゅうございました(岸朝子です)。
初夏には、まだこんなに感情が揺さぶられるのかということもあった。自分のなかでは終わっていないから、言葉にはまとめないでおく。

ろくに書き留めきれていませんが、感慨ぶかい年でした。早くもゆく年くる年でくるみたい。


2016mkd.jpg

向田邦子さん
居合道のように瞬間や感情を切り取りながら、立ち姿は軽やかなのだなあ。文章にもお姿にも見入ってしまう

category: 雑記

  

連載中にいただいたイラストや作品を思い出に記します。


201603m.jpg 201603m2.jpg
連載終了後に日生マユさんが描いてくださった3人の絵。優しい色合いがなんともかわいい…1巻が出た頃には麻生&絹予の夫婦のイラストもお送りくださってました。連載中でお忙しいのにありがたやぁ。生絵だとあの繊細な線画のペンタッチがいっそう心地よいんです。


fc2blog_201603d.jpg
連載中に読者さまや友人からいただいたあさめしイラストです。書店員さんが描いてくださったこともあって嬉しかった… 会田薫はんの色紙絵は以前Twitter上で掲載させていただきましたね。直に掲載許可がとれない方もいるので小さくソフト加工してますが、一枚一枚が愛しい宝物です。


fc2blog_201603c.jpg
この絵は直にトーンが貼られてるのだ。肉筆感がすごいのだ。暮谷のTシャツロゴとか手の細部にまでリアリティがあってカクイーぜ。膨大な枚数の絵をこつこつ描きつづけたり版画に挑戦したりしている、絵かきボクサーっぽい方です。


201603c.jpg
あさめし絵じゃないけど友人に描いてもらった絵。
油絵っぽい質感や色合いがあまりに好きで、手帳に入れて持ち歩いています。モノクロ絵もかっこよくて、絵をあこがれ模写スケッチしていたことがあった。ご本人も最高おもしろマンなので握手会があったら複数買いをする。


201509171734157fd.jpg
こちらはアクセサリー創作をされてる方が作ってくださったレジン作品。キャラクターの過去から未来へのストーリーが、スプーンの中に込められているそうです。現物をいただいて感激しました。立体造形でストーリーをあらわすことが浪漫にあふれている。


どなたさまもありがとうございました。お手紙やいただきものも、とてもありがたく大切にしています。
漫画を読んでくださって、さらになにかを伝えたり届けたりしてくださる、その思いや時間にもお礼申し上げます。

category: 雑記

新刊発売+表彰などのご報告  

201509cover01.jpg

9月11日に「あさめしまえ」の単行本5巻が発売されました。
ご報告が遅くなりました。

5巻は連載中も試行錯誤していて、出した今もなおドギマギしています。
ともあれ、そういう逡巡や自省は次につないで精進してまいろう…
どう描くとしても、希望のなにかにつながっていくようにと思っていました。
クライマックスの要素があり、全編ゆかいな雰囲気ではありませんが、すこしでもお心に残れば幸いです。

発売後ですし、もう手にとってくださった方もおられるでしょうか。
5冊目までおつきあいいただき、本当にありがとうございます。
6巻は来年3月発売予定です。こちらもよろしくお願いします。


帯も裏表紙も、秋めいた雰囲気かつパワーがある装丁でお気に入りです。担当さんやデザイナーさんに感謝であります
描いている頃は9月に紅葉って早いかなと思っていましたが、もうすっかり秋めいてますね。
シルバーウィークはもくもく仕事しています。入稿したら無人島にゆく。
どなたさまもよい行楽の秋を!




このたび、日本朝食協会主催の「第1回 グッドモーニングAWARD2015」にて、
「あさめしまえ」が文化部門を受賞しました。
朝食文化を浸透させた作品として表彰していただき、たいへん光栄です。
本当にありがとうございました。

201509gma2015.jpg
▲朝食フェス開催中、会場で飾っていただいていた色紙です

こうして素敵な賞をいただけたのも、読者のみなさま、
連載を企画してくださった担当Tさん、現在お世話になっている担当Sさん、
何度も試作を重ねてレシピを考案されている料理家の中川ちはる先生、
編集部さま、作品に携わったみなさまのおかげです。
あらためてお礼申し上げます!

201509gma2015tr.jpg
授賞式でいただいたトロフィーは、大阪梅田のMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店さんの
「あさめしまえ」展示棚にて飾っていただいています。
そちらもご覧になってみてくださいね。M&J梅田店さんでは限定ペーパーもおつけしていますよ。

 



以下、個人的な雑記です。ブログってずらりと写真並べられて、のっぺり書けて、イイネもRTもない、そののんきさが今となってはアツい。

春夏のあいだは(自分にしては)かなりたくさんのネームや原稿を描きつづけ、すでに記憶がオボロゲです。
各方面にお世話になりつつ、力不足も痛感しましたが、過ぎ去ってみればエキサイティングな季節でした。「あの夏の地区予選」ぽかった。 早くもフラッシュバック・夏。
どちらの峠も悔いなく越えられるようにもっとふんばる象~

今はその峠越えと、今まで多くの力をもらった人のご無事と健康を願っています。


漫画描きつつ、プライベートや仕事でぽつぽつと出かけたりもしていました
*朴訥!数ヶ月間の記録写真シリーズ*

20150917173413c33.jpg
わかりにくいけど福岡県

20150917173410e19.jpg
絵巻の説法を拝聴したの巻 

20150919031324bbe.jpg
何度も通って学んだ場所

20150917175216c37.jpg
臨海公園観覧車だ

20150917173411fec.jpg
上空からの光景だ ララララサンバディトゥナイ

2015091717341201b.jpg
今年は晴れっぱなしだったよフジロック

20150919031305ec3.jpg
ドラゴンドラにはじめて乗って山頂にいったのよ

201509171752192d4.jpg
みんな大好き、ともぐい看板


ん~~朴訥~~~!!
 

category: 雑記

  

2015jng.jpg

またもご無沙汰しております! 画像でっかいね。

こちらでの更新が案の定途絶えがちですみません…季節のおたよりと化したブログをご覧くださってありがとうございます。

あさめしまえ5巻は9月11日発売予定です。ただいま1日と15日にBELOVEにて連載中です。
担当さん(おふたり)や中川先生にいたくお世話になりながらようやく5冊目です。
また発売前にお知らせしますね、というか8月にはもっと更新したい…と更新ホラをふきまくっていてもはや信用度ゼロだよ




今年は新たに学ぶことも増え、あっという間に夏まっしぐらです。
遠い憧れのようだったものを描く喜びに、実際に震えている時がある。シラフで泥酔状態の動きができます。

先日大阪にてお世話になった皆様にも感謝いたします。お忙しいなかありがとうございました。
感服しつつ勉強させていただくことばかりでした。確かな形にできるよう精進いたします。



 
今年の年明けに、7月の状況が変わっていることを予想せずにフジロックの早割を取ってしまい
うっすら焦り始めています。年明け段階ではラインナップがわからないので、ヘッドライナー=温泉のつもりでいました。
ところで数年行かない間にオレンジコートの夜通しダンスまつりがなくなっている?!

そりではネームに戻ります。ともに達者でよい夏を過ごしましょう。オッス!(安定のひとりで点呼)


category: 雑記

  



ご無沙汰しております!

あさめしまえ4巻は4月13日(月)発売です。
発売前にまたお知らせしますね。

仕事が毎度の佳境であります。3月後半に一段落するので、春からはもうちょっと更新したいです。

集中力がとぎれやすいため、最近はSNS系にもログインせずに雨音の音声を聞きつづけ、ときには耳栓をして描くようになりました。何日もつづけてると、平成の耳なし芳一っぽい心境になってくるよ。描いても描いても終わらぬよ。印刷されたものを見ると毎回わびしく感じてビックリするよ。
ところで耳なし芳一って、ラストが意外とたたみかけるようなハッピーエンディングでビックリしましたよ。


今の連載では数話にかけて主人公と家族を追っています。絵や表現を、以前の自分の漫画にすこし近づけています。ひとりの登場人物に長く潜れるのはありがたい。

数年前に近所の美術館に行ったとき、若くして夭折した画家が死の手前に友人の画家に送った手紙を見ました。その文字を近頃ふと思い出します。
「それでも中々死にはしない。生きてやる。 考よ、生きやう。」という文字です。


2009mzr.jpg
5年ぐらい前の短編の扉絵
昔の漫画のことに触れていただけるとワオッてなりますね~

05_07.jpg
これプロフィール画像に使ってみたら二人組の描き手みたいでなんかイイネ。
前いた会社に送られてきたハガキで、女子高生の子が描いた絵です。
左の人のまつげがフサフサしている。
 
二人組といえば「モンキー・パンチ先生は双子の漫画家」というホラを幼少期に吹き込まれ、わりと大きくなるまで信じこんでいました。

なんてこたない話題をお届けしてまた原稿に戻ります。

category: 雑記