有無 [um]

北駒生 (キタコマオ)のblogです 漫画についてのお知らせやメモなど

  

 
"never give up"
201611n.jpg


と、いまでも二人に思っている

category: 雑記

  

2016aiao.jpg

黙している間にもめでたいことがあったので追っかけ再生で記すよ。
天堂きりん先生にお会いして色紙も描いていただいたのです!

天堂きりん先生といえば暗さとまぶしさが平等な世界を描かれるお方で
漫画馬力やイラストのセンスにも見惚れていたのでした。
およばれした一読者はへっぴり腰で茶をのみ、うすら笑いをうかべて色紙の完成を見守っていた…
デリスでサラ~と描いたとは思えないこの完成度、「アイとアオの境界」の蒼くんです。か、かわいい~

20161101.jpg

漫画を描く思いとか、脚本についてのこととか、お話の純度が高くてドキドキしました。
漫画家の先生って、みなさんそれぞれにエネルギーが強くて風圧がすごい。
お話したあと「旅したな~!」って気分になる。
急にご本人がキョドコちゃんぽくなったりするきりんワールドも楽しかった…先生ありがとうございました!


2016scms.jpg

前からうっすら気になっていたSuchmosが、きりん先生の推しによりガッチリ視界に入った。
ダルくうねる音がかっこいいス



最後にヨンスが出てくるBEAMSのレキシMVのこと、お伝えしわすれてたのでここに置いちゃう。

時代の名将が次々にあらわれるこの感じ、音楽三国志っぽくておもしろい! 
おもしろ三国志はおもしろい!
  

category: 雑記

  

 
CrVpPbRUIAAj5YF.jpg

発売中のBE LOVE18号に読切漫画「あさめしまえ おかわり!」が掲載されています。

「あさめしまえ」の番外特別編です。まひると女子高演劇部のふたりを描きました。
書店店頭に並ぶのは9/13ごろまでですね。

おひさしぶりによろしくお願いします。



こちらはお話をいただいてひさびさに描いたものでした。橋のある街の風景が懐かしかった。
ゴツめの別企画で長めのネームを描いていたせいか、限られた範囲のなかで表したいことを描くのがかえっておもしろかった。ジャンル漫画ならではのむずかしさとおもしろさがあるものだなーと、離れて気づく夏の暮れ。

ゲストキャラの小津と若松を描いて思い出したけど、「閉鎖的な共同体の女頭領」がむかしから好きなのだった。凡人の部下との関係が反転するのも好きだった。さらに今は漢ワールドを描いてるから女の子たちが描きたかったんだ…


201508movie.jpg
▲映画紹介コーナーでウオーとなりつつ描いた絵



あわただしい仕事の夏がすぎ、ネームしながら新作映画も観はじめています。

こないだは「ディストラクション・ベイビーズ」を観ました。
BE LOVEの編集さんが「ザ・ワールド・イズ・マイン」すぎてびっくりですよ、と推していたので、ナヌー!!と駆けつけたのであった。
あるシーンで「真説TWIM」4巻の表紙を思いおこしてしまった。映画の暴走シーンはひどくカラッカラでやるせなく、真説4巻のあの暴走の瞬間はむしろ幸福だったのだと思いいたる。
「シン・ゴジラ」でつきすすむゴジラを観ては「ヒグマドンだ~~」と熱くなり、いまごろ「おかめ日和」を全巻そろえて読みふけり、新井家の皆さまに手をあわせた夏だった。ということがもう何年もつづいている。


他、なにがありましたっけ……(大久保ヒロミ先生とも話したゆゆしき問題→「ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね」…)。
先日はイベントでたくさんの漫画家さんをながめたりお話したり、別日には先達の先生がたとランチしたり、なにわの漫画まつりでした。

しかし「9月頭はまだ夏のはず!」と見越して番外編のメニューを選んだのですが、もうすっかり秋の風情ですね。
おいしいものでも召し上がって、ゆかいな秋をおすごしください。
 

category: おしらせ

「Dモーニング」に新作読切「奇跡のフジさん」が掲載されています  

201608moringfuji.jpg

本日8/11より配信の「Dモーニング」にて、新作の読切「奇跡のフジさん」が掲載されています。
葬儀と親族と謎と自然をえがいた喜劇です。

こちらから無料でご覧になれます↓(アーカイブされていて今も読めるようです)
「奇跡のフジさん」

他の作家のみなさんの作品もすごくパワーがあって爽快なので、ぜひお楽しみになってください。


前作とはまた違う技を使ってみたかったことや、ふだん思っていること、感動だけでフタしきれない多面体の作品が好きなこと。そういったものが少しずつ流れこんだ漫画になりました。
初の青年誌の媒体、しかもモーニングで緊張しましたが、自由に描く機会をいただき、静かにエキサイトしつつ描きました。
読んでくださったら嬉しいです。アンケートやご感想はDモーニングの無料アプリから参加できるようです。そちらでもしお言葉などいただけたら大変ありがたいです。

もうちょっとゆっくり書きたかったのですが、今も原稿中につき、とりいそぎのお知らせを。

9月はじめの掲載についてもまた後日お知らせします。
よろしくお願いします。

category: おしらせ

  

2016ymy.jpg

もくもくと仕事をしていたら時節は夏!まっさかり!!
ごぶさたしています。

8月9月と、いくつかおしらせがあります。
8月11日にこちらで期間限定の読切のご案内をします。
一週間限定とかなり短いので早めに言っちゃう。




最近は目のけわしい若者や、よれた線で作られる中年や、久々の面々を描いていました。

ここ1~2年で衰えていたある部分が、いかつい題材にむかう日々をへて、すこしだけ戻ってきたように思っている。
先日の取材では、研鑽の果てにある感覚を掴まれたお話があまりに興味ぶかくて、目ん玉がゴトゴト落ちました。
視点を上昇させて見えたことと脱力して放つこと。 
ウォーンおもしろい…山岸凉子先生の表現でイメージしたのだけど描くのは自分なんだった…


そういえば春ごろには、旧知の方々が日ごとにこちらにやってくるという炎の五日間があった。友人の皆さんと落語や宝塚やライブに行ったり、各青年誌の先輩方とも初めてお会いして、連日メラメラと楽しゅうございました(岸朝子です)。
初夏には、まだこんなに感情が揺さぶられるのかということもあった。自分のなかでは終わっていないから、言葉にはまとめないでおく。

ろくに書き留めきれていませんが、感慨ぶかい年でした。早くもゆく年くる年でくるみたい。


2016mkd.jpg

向田邦子さん
居合道のように瞬間や感情を切り取りながら、立ち姿は軽やかなのだなあ。文章にもお姿にも見入ってしまう

category: 雑記